※はじめての方は必ずお読みください。

「レスベラトロール」今,話題の抗酸化物質です。「赤ワインの成分で肥満マウスが長生き」と大々的に報道されました。レスベラトロールとは何か,レスベラトロールの作用,摂取方法,摂取量,副作用,などの質問にお答えします。

* 以下の情報は,FDA(米国食品医薬品局)によって認可されたものではありません。病気の診断,治療,治癒,予防を目的としたものではありません。


レスベラトロールって何?

 

レスベラトロールは,ブドウの皮や赤ワインに含まれる成分です。ポリフェノールの一種で,天然の抗酸化物質です。試験管内や動物実験の段階ですが,レスベラトロールは,血小板のねばつきを軽減し,通りやすく弾力のある血管を保つのに役立つことが分かっています。実験室で行なわれた研究では,レスベラトロールは,動物においてガンの進行を妨げることが報告されています。他の動物実験では,レスベラトロールに抗炎症作用があると考えられています。最大の問題は,レスベラトロールが人間にも有効なのかという点ですが,現在,研究が進行中です。


 
なぜレスベラトロールが注目されているの?

 

レスベラトロールが脚光を浴びたのは,2006年11月初旬,米国ハーバード大学と米国立老化研究所(NIA)の研究者から画期的な研究結果が報告されたからです。ニューヨーク・タイムズ紙やAP通信も大々的に伝えました。

米国ハーバード大学のD・シンクレア博士たちは,レスベラトロールを肥満のマウスに大量に投与しました。その結果,肥満による悪影響が減少し,寿命が延びることが認められたのです。

研究者たちは,マウスに高脂肪,高カロリーの食事を与えました。当然,マウスは肥満になりました。糖尿病の兆しが見られ,肝臓はひどく肥大化し,やがて,標準的な食事を与えられたマウスよりもずっと早く死ぬようになりました。

さて,別のグループのマウスにも高脂肪・高カロリーの食事を与えました。しかし,こちらのマウスには,レスベラトロールを大量に投与しました。結果,どうなったでしょうか? 確かに,体重は増えつづけ,レスベラトロールを投与されなかったマウスと同じくらい肥満になりました。しかし,注目すべきなのは,レスベラトロールの投与により,グルコースとインスリンの血中濃度が低下したこと,また,肝臓の大きさが正常に保たれたことです。

それだけでなく,レスベラトロールによって,マウスの平均寿命が大きく延びました。レスベラトロールを投与されたマウスは,投与されなかったマウスよりも,何ヶ月も長生きでした。さらに,標準的で健康的な食事を与えられたマウスと比べても,同じほど長生きしたのです。美味しいものをたくさん食べて楽しんだのに,代償はほとんどなかった,という訳です。

もちろん,寿命が延びても,肥満のせいで,体が思うように動かないのは問題です。シンクレア博士たちは,レスベラトロールを投与された肥満のマウスにどれほど運動能力があるかを調べました。すると,レスベラトロールを投与されたマウスは成長するにつれ運動力が良くなることが観察されました。最終的には,健康的な食事を与えられたマウスと同じほど活発に運動していたのです。


 
レスベラトロールは人間にも効果があるの?

 

レスベラトロールを人体に投与した研究報告はまだありません。現在,進行中です。前述のシンクレア博士たちは,マウス実験の結論として,次のように述べています。「人体に有効な用量の経口薬があれば,カロリーの過剰摂取による否定的な結果の多くを安全に減らすことができ,健康と寿命の面で総合的に改善できる」とのことです。


レスベラトロールがなぞを解く!?

 

フレンチ・パラドックスという言葉があります。フランス人はヨーロッパで最も多くの肉やアルコールを消費します。それにもかかわらず,フランス人の平均寿命はヨーロッパで一番長いのです。なぜなのでしょうか? これがフレンチ・パラドックスと呼ばれるなぞです。

フランス人は,高脂肪・高カロリーの食事を楽しんでいるのに,なぜ長生きなのでしょうか?なぜ,同じく高脂肪・高カロリーの食習慣のアメリカ人よりも,心臓病になる確率が低いのでしょうか?

ニューヨーク・タイムズ紙によれば,レスベラトロールがこの謎を部分的に説明するのではないか,と推測されています。フランス人の赤ワインの消費量は世界一です。もっとも,実験で投与したレスベラトロールの量は,赤ワインで普通に摂取できるような量ではありません!


 
レスベラトロールは何から摂取できるの?

 

レスベラトロールは,ブドウやピーナッツなどの食用植物に含まれています。赤ワインはレスベラトロールの主要な供給源です。赤ワインは白ワインよりも多くのレスベラトロールを含んでいます。レスベラトロールはブドウの皮に集中していて,赤ワインの製造工程のほうがブドウ皮との接触が多いからです。レスベラトロールは栄養補助食品(サプリメント)として入手可能です。


 

レスベラトロールの摂取量は?

 

グラス一杯の赤ワイン 240mL は,約 640mcg のレスベラトロールを含みます。一握りのピーナッツは,約 73mcg のレスベラトロールを含みます。レスベラトロールのサプリメントは,1日 200-600 mcg が一般的です。ブドウ皮抽出物や他の抗酸化物質とともに配合されたものが多くあります。ガン予防を目的とした動物実験で投与されたレスベラトロールははるかに大量です。平均的な体型の成人に当てはめると,1日あたり 500mg(500,000 mcg)になります。サプリメントや食物で摂取する量では,必ずしも効果的とは言えないでしょう。最適な摂取量はまだ分かっていません。

赤ワインを節度を保って飲むことは心臓病の予防に役立つかもしれません。しかし,どれほどの赤ワインが最適な摂取量か,まだ分かっていません。アルコールの摂取には危険が伴います。医療専門家は,心臓病の予防法として,赤ワインを飲むことを勧めていません。


レスベラトロールに副作用はあるの?

 

現時点で,レスベラトロールの副作用は報告されていません。広く知られた医薬品のうち,レスベラトロールと否定的な相互作用があるものはありません。


New York Naturals 253 Flatbush Ave, Brooklyn, NY 11217, USA
転送FAX: 東京 03-4496-4314 TEL/FAX: 米国 1-702-920-8042 E-mail: nynjp@nynaturals.com

当サイトが提供する情報は教育目的に限られます。 FDA(米国食品医薬品局)が公式に認可した情報ではありません。取扱商品は,病気の診察,治療,予防を目的とするものではありません。ご質問やご不明な点は,メール,FAX でお問い合わせください。最終更新日 2006-1-12 Copyright 2006 NYCircuits, Inc.